みるおとのひら

龍画、一眼、断捨離、読書、子育て、ほか

三幕の殺人と三幕の悲劇

※ネタバレです。

 

先日、アガサ・クリスティーの「三幕の殺人」を読み終えました。

ポアロが脇役として出番が少ない話。ただ本当の主役として、締めるところはきっちり締めていきました。

 

名探偵ポワロも。

年齢を少しあげていましたが、俳優チャールズ役はマーティン・ショウ。実は存じ上げない役者さん。ただ、原作で役を演じる癖がついたキザなチャールズを、私の頭の中で出来上がってしまったそのイメージと変わらない空気、装い、演技だったので素晴らしい役者さんだと思いました。

ポワロの御方は言うまでもなく有名ですから。

 

サタースウェイトが省かれているので、最初からポアロがチャールズの友人としてバーソロミューと共にカラスの館で談笑。

ドラマとしてはポアロの出番が少ないのは困るからなんでしょうね。

 

犯人が明かされる際、ポアロも友人として震え、チャールズも涙を伝わらせていく。

愛とは何かと考えさせられる話でもありました。

精神を患った妻と離婚が許されていたなら、こんな形にはならなかったのではないかと。

チャールズの涙は、俳優としての演技だったのか自身かわからなくなり。その涙と、真っすぐ相手を見る目がきれいだと。

涙のまま退場していくチャールズが澄んで見えて、この人(マーティン・ショウ)すごい人だと印象に残りました。

 

目を向けるができなくなったエッグに、命が尽きるまで愛していたかったと言ったチャールズは、照れ隠しでおどけるようにしてから、

「愛は望みすぎか?」

「人を殺す理由にはならない」

答えたポワロはそれでも、

「友よ」

と呼びかけて、あなたの舞台は終わりだと。

このとき、お互いにぎこちなく微笑むのがとても辛い。長い付き合いの友人だったことが伝わってくる。

ポワロにとっても大切な友人が犯罪を犯してしまったこと、苦悩を察することも防ぐこともできなかったこと、彼とは二度と会えない悲しみを抱えること。無差別毒殺の対象にされたことも。

 

オリエント急行の殺人といい、後期にこれを持ってきたのはカーテンへの布石なのかな。カトリック教徒のポワロ、今回離婚できない理由もカトリック。まだ1/3しか読めていないけれど、ドラマは原作を読み込んで丹念に繋げてあるんだなと。

 

しかし……チャールズ嫌いだったのに、ドラマ観て反転してしまった私。

原作だと「ちくしょう」と捨て台詞吐いて終わるチャールズにここまで華持たせようと思ったのは、役者さんが有名だったから?

 

かわって、

ドラマのはじめ、ポアロが望遠鏡を覗こうとして背が届かないのでペンギンみたいになってると、無造作なのにちょうどいい位置に下げてくれるバーソロミューの器用なやさしさが一番のツボでした。

 

そのバーソロミューが殺される理由としては、昨日読み終えた「三幕の悲劇」のほうがしっくりきました。

ほとんどが二度目なので、チャールズの動きを追うことも、他の証言についても考えることができ、推理物はこうやって二度読む方がいいのかと知りました。

 

しかし、終盤に墓地でチャールズが姓を明かすシーン。

こちらのエッグがいきなり放つ、オリヴァーが好き!には思わず笑ってしまいました。三幕の殺人とは違い、チャールズを崖から突き落とすぐらいの破壊力。

 

動機は、心身を患っていて施設に入っていた経験もあり、バーソロミューから自由を望んだこと。

完治していないようで、今後も殺人鬼になりかねないチャールズの恐ろしさもありました。エッグの愛が離れても余裕があったので、こちらは本気じゃなかったと。精神病の妻の存在もなしに。

バーソロミュー以外の殺人理由もこちらのほうが納得できるものでした。

でも、チャールズの退場はこちらも俳優らしくない…。

 

それにしても、同じ犯人、被害者、状況で、動機と結末をこんなに変えられるもの、印象が変わってくるものなんだと驚きました。

ツイッターで三幕の悲劇の存在を呟いていらした方に感謝しています。お気に入りの作品となりました。

 

さて、ちょうどいいシーズンなので、チャールズの本名が明かされるという「ポアロのクリスマス」も読もうかな。

 

おじいさんが一生懸命英語を勉強する理由

昨日ツイッターで見かけたポーランドのCM動画に心動かされ、紹介記事を見つけました。

 

 

以下ネタバレします。

 

途中から察しましたが、おじいさんが家中の物の付箋をはりつけ、お風呂でもスピーキング、窓際でも居眠りしながらもレッスン、バスでも人の目を気にせず、音声を英語にかえてのTVの台詞やレッスンのフレーズをお風呂でも口に出す。

愛犬と暮らし、奥さんは既に亡くしているのが朝食などのシーンでわかります。

 

最初に本が届いてから犬を見ながらめくって、これはとコーヒーを入れて机に座り、本腰を入れるところからしっかり描写されています。

雪が降り始め、スーツケースを購入したおじいさん。愛犬を預けて、イギリスへと飛行機でわたり、クリスマスに息子夫婦の家に到着。

小さな孫が出てくる。生まれたすぐ後に会ったか、この度が初めてなのか。知らない人だとちょっと警戒する彼女に、おじいさんが話しかけるシーンでは、役者さんが目に涙を浮かべているのでさらに涙腺がゆるんでしまいます。

 

英語圏で暮らす小さな孫と話をしたい一心で、おじいさんは英語を毎日一生懸命に勉強していたと最後にわかるのが、シンプルながらとても優しいメッセージでした。

 

 

私も英語の勉強を続けていますが、おじいさんのようにひたすら起きている間、そこまでやったことはありません。

疲れやすいってことはあるけれど、ただひらすら英語だけを考えて一日終わったことはなかったかなあ…。

 

基礎英語1を10月後半で離れましたが、2は続けています(おうちで英語学習の削除週で復習も) 3はたまに聞きます。

2は2019の2月3月号を聞けなかったので土日に少しずつ。今月は共通CAN-DO道案内なので、11月号も求めました。

 

ほか、音が聞き取れない、発音できないと痛感したため、先週から子ども用のフォニックスをはじめました。

合間に、中1~3ひとつひとつわかりやすく3周も目指しています。

一気にはできませんが、一回で覚えられないのは当たり前なので、復習を重点にしながら数こなしていくようになってきました。

 

CMを見て変わったのは…

まず、おじいさんがお風呂で話しかけていたアヒルダイソーで求めたこと。さすがに5匹一緒は困ると、4匹の小さな動物たちを目の前に置いて話す訓練を始めました。意外に口に出てきません。英語学習者は独り言やぬいぐるみでやってるそうです。普段から自分の意思を口にする練習をしておかないと出てきませんよね。

 

次は、ベランダで洗濯物を干しているときには、スマホで基礎英語のストリーミングなどを聞いていましたが、小声でぼそぼそだったのをもう少し声を出すことにしました。

おじいさんがバスの中で一心にリピートする姿は(周りの迷惑とかは置いといて)暮らしや服装もしっかりしているだけに、強い気持ちだけで続けているのがよく伝わってきたからです。

 

一度で覚えられるものではなく、何度も繰り返して覚えていくものなので、気長にでも英語を話せる、書けるようになりたいと願っています。

おじいさんほどではないけれど、私もイギリス、ロンドンに行くと決めています。それはまたいつか。

 

 

ポアロシリーズ

先月1日、図書館で娘が借りたアガサ・クリスティーの「そして、誰もいなくなった」を読みました。

こんなにおもしろいんだ!と、即、ポアロシリーズに手を出しました。

 

推理小説は犯人がわからないし、自分には合わないと思いこんでいて、あまり読まないのですが、とても読みやすくて描写もドロドロしておらず、ポアロをめぐる人間関係もあたたかなので救われるのが良いのかもしれません。

 

ちょうど地上波で「オリエント急行殺人事件」が放送されると知って、有名だし観てみるかなーとふらっと録画予約していました。

たまに放送されているスーシェ版「名探偵ポワロ」を流し見ることはあったんです。ほとんど興味なかったので覚えていませんが、かけていたので知らないわけではありませんでした。

 

しかし予約していた私、万歳! 結末と犯人を知らなくてよかった!!!と心から思いました。

原作を読み、その後にスーシェ版も観ましたが、カトリック教徒としての苦悩も込められて、見ごたえとしてはこちらでしたが、ブラナー版のポアロもしっかり見た初ポアロになるのでこちらも好きです。

 

そんなこんなで原作を読み、スーシェ版のドラマも観ています。

「スタイルズ荘の怪事件」から、ほぼ発表順で先月は9冊読みました…クリスティーだけで十冊。

最近は「雲をつかむ死」を終えて、昨日から「三幕の殺人」を読み始めたところです。

その次の「ABC殺人事件」まで読み、ドラマまでいったら、一旦休むつもりです。

 

※一昨日から娘がレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)マックスノーを飼い始め、数日バタバタしているからです!!!

他の本にも集中したいし、英語、他にもあること。

一気に読んでしまうと楽しい時間がすぐに終わってもったいないので、少しずつ味わうことにしようと。

 

12月公開の「ナイル殺人事件」は原作を読まずに、映画館で観ると決めています。

ほんとに楽しみ。

 

もっと以前に読んでいればと考えましたが、今の年齢だからこそ理解できることが多いのかもと思い直し。本に呼ばれるときがたまにあるので、ようやく時期がきたのかもしれません。

 

ポアロヘイスティングスの訳者さんは原作の朗読もされて、声も活舌もいいので、それもいつかチャレンジしたと思っています。

まだ先だけれど、英語学習のヤル気も貰えたのでありがたい出会いでした。

 

実家その後

ちょっと開いてしまった💦

 

ベランダのタイル壁が落下した実家のこと。数日後に行くと洗濯物を干していました。

業者さんがみてくれて、基礎部は大丈夫らしく、落下物を取り除いて外側をロープで縛って固定してくれたと。

忙しいので工事は1ヶ月半から2ヶ月以上待つことになるものの、プラ式の外壁を取り付けることになったそうです。

 

良かった良かった。

40年かもうちょっと前かの建物で、劣化は仕方がないのだけれど、100年持つようなしっかりしたつくりではないので。

 

 

関係ない話。

我が家のソフトバンクからNUROから光回線を切り替える話が進んでいましたが、アンテナ工事の方が来られて玄関側東、裏側西のベランダでも受信できず、屋根は波板が出てるので梯子がかけられないとのこと。

お隣さんは無人で長い間いなかったので中が劣化して我が家まで水漏れの影響が出ている状態なので、今回はキャンセルになりました。

 

我が家も古い賃貸、いずれ出て行くことになりますが、住みやすいところなのでもう少し暮らしていきます。

 

 

実家のタイル壁崩落

一昨日の布団に入って、日本語でやっているように、英語でも手紙や文章を書けたら楽しいだろうなあと考えたら、とってもワクワクして寝つきが悪くなってしまった。

けれど、とても幸せな気分だった。

 

その頃……

実家の表側ベランダ、モルタルで覆ったタイル壁が二ヵ所ごっそり剥がれ落ちていたらしい。

昨日実家に寄って、いつもは自転車を門内に3台並べているところ、門外に1台しかなかったので、出かけてる?留守かな?とインターホン鳴らして、ふと見上げたらスゴイことになっていた。

 

f:id:youraryu:20201012205444j:plain

 

父が出て来て、みんなおるよと説明してくれた。

1時ごろ、ずり落ちるような音が二度してから、ドシンと大きな音がしたと。

1枚は屋根、もう1枚は自転車の屋根で引っかかっていたが、父が押しても動かなかったのでとりあえず放置とのこと。

夕方知り合いの業者に見てもらうとか言っていたが、どうなったんだろう?

 

この日、場面緘黙を少しずつ克服中の娘が面接に行ったスーパーのバイトにもう一度呼ばれ、今週から入ることになった。

以前無口な子がいたので、履歴書の字と様子から理解されていて、レジ以外と言っていたら、精肉加工補助の仕事でラベル張りや陳列などから始められると。

会社から喫茶店に移って話し、好きなものどうぞと言われてカフェオレもいただいてきたらしい。

大丈夫そう。

 

元夫に知らせていたら、そっちのほうが距離的に近いので(どっちも近いけど)さっそく今日は歯医者の予約があったので帰りに行ってきたらしい。

「おらんかったぞ。中やから見えんやろな」と言いながら…

「木曜日からって言うたやん」

「そうなんか」

今の家に引っ越してから5年ほど経つけれど、私はそのスーパーに何度かしか行ったことないので、今度こっそり買い物に行こう。知らない人で通す(笑)

 

一歩ずつ、進んでいけばいいんだ。

 

彼岸花

木曜日に、市内にある美術館に初めて行ってきた。自転車片道7km

少し寂れた小さな庭と建物。扉を開けるとブザーが鳴ってびっくりした。もう少し穏やかな音色でお願いします……心臓が弱い人は困るんじゃなかな。

 

中では、係の人が長電話中。受け皿にお金を置いて、来館記帳へ名前を書いていたら、喋りながら通路からこちらへ近づく気配があったが、真面目に書いてるから大丈夫だと判断したらしくずっと話していた。

 

ゆっくり展示を見ていたからいいんですけどね。

しばらくして、壮年のおじさんがやってきてお金を回収して、パンフレットを渡してくれた。その後もまた別の長電話が始まった。

黙って去ることにした。

 

その庭先の道路脇、彼岸花が密集していた所があり、それが燃えるようにあざやかな赤だったので撮ってみた。

 

f:id:youraryu:20201010230943j:plain

 

近くの田んぼは、畔などに点々と咲いてるだけなので、さびしい。

けれども、密集しすぎも考えものかなと。実際はアリさんがいっぱいだった。

 

16-85mmのレンズなので85mmでぼかしたけれど、単焦点がほしいです。

写真ACで投稿申請したので、一週間ぐらいで掲載されるはず。

 

娘が好きな花の一つ。画像も渡した。

珍しく自分でも気に入った写真になったので嬉しい。

 

 

なんとなく。

f:id:youraryu:20200919220641j:plain

 

この日の電車でしたね。久々の京都。

消沈していたら、お祈りメールもさらに来たり。

 

明日は日本海側へ遠出するよ。

正確には、車に乗せてもらう。

 

切り替えて、遊んでくる!